「金メダルのまち」で振る舞うアスリート飯 我慢しないで栄養管理

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 スポーツに励む人を支える「アスリート飯」を振る舞う店が、多くの金メダリストを輩出する「金メダルのまち」でオープンした。アスリートや、ダイエットのために運動をする人らのそれぞれのニーズに応じたメニューを、公認スポーツ栄養士が考案。「食事で我慢してほしくない」と、ストレスをかけない栄養管理に取り組んでいる。

 この店は、「WARRIOR’S REST.(ウォリアーズ・レスト)」。金メダリストを多く輩出し、「金メダルのまち」をPRする愛知県大府市で、3月に開店した。市内にはレスリングの名門・至学館大学があり、周辺は実業団スポーツの盛んな地域だ。店の壁には、こうしたチームの選手や指導者のサインがずらりと並んでいる。

ドレッシングの種類にもこだわり

 この店では、好きな主菜と、副菜やデザートなどのセットメニューを組み合わせて注文する。主菜には、「ガーリックチキンと高プロテインミルクのアンチョビクリームチーズ煮」(税込み600円)や「秋刀魚(さんま)つみれの草鍋」(同750円)、「若鶏の柚子(ゆず)胡椒(こしょう)焼き」(同600円)といった低脂質で高たんぱくな料理をそろえる。

 一方、セットメニュー(同7…

この記事は有料会員記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。