コロナ禍・クーデター直撃 「在外投票」15公館で実施できず

有料会員記事

相原亮
[PR]

 外務省は15日、海外に住む有権者が現地で投票できる「在外投票」について、公示翌日の20日から世界226の在外公館で実施する、と発表した。同省によると、今回は新型コロナや治安悪化などを受けて、太平洋諸国や中東を中心とした15公館で実施を見送る。代わりに郵便による投票を呼びかけている。

 在外投票は1999年に導入され、今回で15回目。公示翌日から大使館や総領事館などで投票できる。投票の際には、「在外選挙人証」とパスポートなどを提示する必要がある。在外選挙人名簿の登録者数は今年8月時点で9万6千人。

アフガンは大使館閉館

 今回、外務省が在外公館での投票を見送ったのは15公館。アフガニスタンシリアは治安の悪化で大使館を閉館しているため、ギニアはクーデターが発生し、現地政府の行政機能がまひしているため、いずれも見送った。

 このほか、フィジーやトンガ…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。