気象庁、緊急速報メール配信終了を見送り 国土交通相から指示

吉沢英将
[PR]

 気象庁は15日、大雨などの特別警報や噴火警報を携帯電話に通知する「緊急速報メール」の配信終了を見送ると発表した。28日での停止を12日に公表していたが、国土交通省から自治体による避難情報の提供体制を確認するよう指示を受けたという。

 気象庁は12日の会見で配信終了の理由について、避難情報についての緊急速報メールは全ての地方自治体で配信できる体制が整ったなどと説明した。しかし、その後、同庁にはメールや電話で配信終了への懸念の声が寄せられたという。

 斉藤鉄夫国交相は15日の閣議後会見で、気象庁に自治体から住民への避難情報の提供体制について確認を指示したことを明らかにした。これを受け、気象庁は自治体への調査を実施し、緊急速報メール配信のあり方を再検討するという。(吉沢英将)