携行ミサイル積み、日本海の好漁場を航行 北朝鮮軍の小型船が6月

有料会員記事

鈴木拓也=ソウル、磯部征紀
[PR]

 日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場・大和堆(やまとたい)の周辺海域で6月下旬、北朝鮮当局の小型船に携行型地対空ミサイルが積まれていたことが確認された。この海域で、地対空ミサイルを載せた北朝鮮の船の存在が確認されるのは初めてという。政府関係者が明らかにした。

 政府関係者によると、警戒監視中の海上保安庁の航空機が小型船を発見。海軍所属とみられ、甲板上に軍服姿の要員とともにミサイルが置かれていたという。

 ミサイル旧ソ連が開発した「SA16」か、同種のものとみられる。SA16は兵士が肩に担いで発射するタイプで、有効射程は5キロ程度。航空機の赤外線を追尾することから、海保は警戒を強めている。SA16は、2001年に鹿児島県奄美大島沖で起きた不審船事件でも、不審船が沈没した現場海域から発見されている。

 北朝鮮は8月、日本海で「(北朝鮮の)経済水域への日本の不法侵入が露骨になっている」と主張。軍や外務省などの関係機関が「海洋権を守るための対策を討議した」と公表した。

 大和堆周辺はイカやカニなど…

この記事は有料会員記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。