雨のプールは得した気分 ここでは私はエビの尻尾

有料会員記事KANSAI

平民金子
[PR]

 35年前、生まれて初めて1人で立ち食いそば屋に入った。天王寺駅の構内で、たしか銭湯の番台のように入り口に店員が座っており、注文すると渡されるプラスチックの札をカウンターに持っていくスタイルではなかったか。

 そこで私はよりによって「きつねそば」と言ってしまい、店員に一喝されたのだ。

 「大阪にそんなもんはない!」

 とっさのことに意味がわから…

この記事は有料会員記事です。残り714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]