就任直後に岸田色のコロナ対策 透ける世論アピール、官僚の解説は

有料会員記事新型コロナウイルス岸田政権

姫野直行 西村圭史、森岡航平
[PR]

 岸田文雄首相が、新型コロナウイルス対策の全体像の骨格を発表した。菅前政権から取り組んできた病床確保策が柱だが、医療人材を手当てできるかなど課題は多い。衆院選の大きな争点でもあるコロナ対応で、いち早く政府案の大枠を示すことで、世論にアピールする狙いも透ける。

岸田色の方針掲げるも、具体策は示されず

 次の「第6波」に向けて示された骨格は、患者が急増して医療が逼迫(ひっぱく)したこの夏の「第5波」の反省がよりどころとなっている。感染力が第5波の2倍、3倍と強まったケースを想定しているが、大枠は、今月1日に厚生労働省が都道府県に求めた新たな医療体制の計画方針に沿ったものだ。

 とはいえ「岸田色」はそこかしこに垣間見えた。いずれもこれまで課題とされながら、実行に移されなかった取り組みだ。骨格に明記されたことは大きな意味があるが、実現には岸田首相がどう指揮を執るかが重要だ。

 たとえば、感染拡大時にはコ…

この記事は有料会員記事です。残り1508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]