• アピタル

ファイザー「推奨」を転換 専門家「根拠不十分」、交差接種に懸念も

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊 下司佳代子、野口憲太
写真・図版
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンについて、10代と20代の男性に米ファイザー製を推奨する方向で調整していた厚生労働省は15日、専門家からの異論を受けて方針を変えた。モデルナ製で接種後の心筋炎などの報告頻度が高いことを理由にしたが、「推奨」という言葉を使うには根拠が不十分とされた。1回目にモデルナを打った人は希望すれば、ファイザーを選択できると広報するという結論となった。

 「10代と20代の男性については、ファイザー社ワクチンの接種を推奨することとしてはどうか」。厚労省は専門家の部会で、国内外のデータを示して方針を示した。

 3日までの集計によると、心筋炎や心膜炎の100万人あたりの報告頻度は、男性の場合、モデルナでは10代で28・8人、20代で25・7人。一方、ファイザーではそれぞれ3・7人、9・6人だった。スウェーデンでは30歳以下に、デンマークでも18歳未満にモデルナの接種を一時停止していると報告した。

 しかし、専門家の委員からは、ファイザーを推奨するほどの根拠は不十分だとして慎重な意見が相次いだ。心筋炎などに関するデータは、ファイザーとモデルナの接種時期や対象者が異なるため、直接的な比較は難しい。スウェーデンデンマークの判断の根拠となるデータも不明だ。

 加えて同じ「m(メッセンジ…

この記事は有料会員記事です。残り1117文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]