加古川女児殺人事件から14年、県警がビラ配り

遠藤美波
[PR]

 【兵庫】加古川市別府町で2007年、小学2年だった鵜瀬柚希(うのせゆずき)さん(当時7)が自宅前で刺殺された事件は16日、発生から14年となる。加古川署は15日、情報提供を求めるビラ約1千枚をJR加古川駅前で配った。

 事件は07年10月16日午後6時ごろに発生。鵜瀬さんは友人と遊んだ後、自転車で帰宅。自宅裏に自転車を置き、玄関に向かう1分足らずで、何者かに左胸と腹を刺されて亡くなった。県警は20人態勢で、殺人容疑での捜査を続けている。

 加古川署の植田雅章刑事官は「どんな小さなことでもいいので情報を寄せて欲しい」と呼びかけた。情報提供は捜査本部のある加古川署(079・427・0110)へ。(遠藤美波)