「背中を刺された」通報、救急搬送された28歳女性死亡 兵庫・尼崎

【動画】兵庫県尼崎市のマンション敷地内で女性が刺され死亡=読者提供、岩本修弥撮影
[PR]

 15日午後8時20分ごろ、兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション敷地内で、「女性が背中を刺されている」と119番通報があった。兵庫県警によると、女性は、このマンションの住人で事務員の森本彩加さん(28)。救急搬送されたが、まもなく死亡が確認された。森本さんには背中に複数の刺し傷があり、県警は殺人事件とみて、刃物を持ったままオートバイに乗って逃げた男の行方を追っている。

 尼崎南署によると、警察官が駆けつけると、マンション駐輪場そばの通路で、森本さんが血まみれの状態でうつぶせに倒れていた。逃げた男は黒っぽい服を着て、ヘルメットはかぶっていなかったという。

 現場は、阪神尼崎駅から北西に約300メートルの繁華街。歩道脇などに規制線が張られ、複数台のパトカーが止まり、救急隊員や警察官が対応にあたっていた。

 現場近くの飲食店の男性店員は、配達から店に帰る途中、マンションの駐輪場に女性が倒れているのを目撃したという。「全く動かず、普通の倒れ方ではなかった」。服装は普段着に見えたという。

 近くの店にいた男性(47)は、サイレンの音を聞いて現場に行くと、血を流した女性が担架で運ばれていくのが見えた。意識はなさそうだったという。