帰宅直後を襲われたか 兵庫・尼崎の女性刺殺、逃走のバイク?押収

[PR]

 兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション敷地内で15日夜、女性が刺されて死亡した事件で、付近の防犯カメラの映像などから、県警は女性がマンションへ帰宅した直後に襲われた可能性が高いとみていることが、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は16日、現場の状況などから殺人事件と断定し、尼崎南署に捜査本部を設置した。事件後、マンション前に止めてあったオートバイで、国道2号を西の方向へ走り去った男の行方を追っている。捜査関係者によると、阪神地域で血のついたオートバイを発見し、押収したという。持ち主が何らかの事情を知っているとみて捜査している。

 県警によると、亡くなったのは、このマンションの住人で事務員の森本彩加さん(28)。屋外の駐輪場そばの通路でうつぶせに倒れており、背中に複数の刺し傷があった。近く司法解剖で詳しい死因を調べる。現場には森本さんのかばんが残され、中に身分証が入っていたという。

 15日午後8時ごろ、マンションを訪れた宅配業者が、通路へ入ったところで男が女性を刺しているのを目撃し、通報した。県警が付近の防犯カメラ映像を確認したところ、通報時間の前後に、黒っぽい上下の服を着た男がマンションの方へ出入りする様子が映っていた。宅配業者は県警に「20~30代の男ではないか」と証言したという。

 男は、黒っぽいスクータータイプのオートバイに乗って逃げたとみられる。ヘルメットはかぶっていなかったという。凶器の刃物は見つかっておらず、県警は、男が持ち去ったとみている。