大阪3区、自公対決回避で決着 自民元市議・柳本氏、比例で出馬表明

2021衆院選

本多由佳
[PR]

 自民党の柳本顕・元大阪市議(47)は16日午前、同市内で記者会見を行い、衆院選では自民公認で比例近畿ブロックから立候補すると表明した。大阪3区から無所属で立候補する意向を示していたが、断念した理由について「自民党で戦いたかった。自民党を通じて地域の声を届けていく方が実りある状況を作り出せると判断した」と語った。

 柳本氏は会見の冒頭で、「大阪3区出馬の期待に沿えず、心からおわび申し上げます。お支えいただいた皆様への裏切り行為となることから断腸の思いだ」と述べた。

 公明党が大阪3区に前職の佐藤茂樹氏(62)を擁立するため、自民党は柳本氏に大阪3区からの立候補を見送るよう求めていた。柳本氏は、8日に予定していた立候補表明の記者会見を急きょ取りやめた理由について、「7日夜に党本部から連絡が入り、『衆院選はしかるべき処遇をする』と伝えられた」と説明した。(本多由佳)

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]