兵庫・尼崎の刺殺事件、被害者の元夫を殺人容疑で逮捕

[PR]

 兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション敷地内で15日夜、女性が刺されて死亡した事件で、兵庫県警は16日、女性の元夫で会社員の森本恭平容疑者(33)=同県西宮市甲子園八番町=を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「殺すつもりで刺しました」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、逮捕容疑は15日午後8時20分ごろ、住人で医療系事務員の森本彩加さん(28)をマンション駐輪場で刃物で刺し、殺害したというもの。彩加さんは駐輪場そばの通路でうつぶせに倒れており、背中に複数の刺し傷があった。

 マンションを訪れた宅配業者が、通路へ入ったところで男が女性を刺しているのを目撃して通報した。

 県警が付近の防犯カメラ映像を確認したところ、通報時間の前後に、黒っぽい上下の服を着た男がマンションの方へ出入りする様子が映っていた。男はマンション前に止めてあったバイクで、国道2号を西の方向へ走り去ったという。

 特徴がよく似ているバイクが恭平容疑者の自宅近くで見つかり、車体には血が付いていた。恭平容疑者がふだん乗っているバイクと同じタイプだった。

 現場付近の防犯カメラに映った男の特徴が恭平容疑者に似ていることなども踏まえ、県警は事件に関わった疑いが強まったと判断。16日午後4時半過ぎ、西宮市内の自宅で任意同行を求めた。

 その後、捜査本部のある尼崎南署で事情聴取し、容疑が固まったため逮捕に踏み切った。恭平容疑者の自宅から血の付いた包丁を押収したという。

 恭平容疑者が住むマンションの住民男性によると、恭平容疑者とみられる住人は半年ほど前に引っ越してきたという。他の人の出入りはなく一人暮らしとみられ、尼崎市ナンバーのバイクに乗って毎朝出かけていたという。男性は「おとなしい印象だった」と話した。