小鹿野のダリア園が見ごろ 「大きくで色も濃い」

岡本進
[PR]

 埼玉県小鹿野町の旧両神村地区の山麓(さんろく)にあるダリア園が見ごろを迎えている。約1万平方メートルの斜面に赤やピンクや白など350種ほどの約5千株が並ぶ。国内有数の規模で例年だと毎年2万人ほどが訪れている。開園は11月3日まで。

 さいたま市から家族で来た会社員の女性は「大きい」と歓声を上げ、大輪の花を写真に収めていた。村に人を呼ぼうと、地元の10人ほどが15年前に始めた。花が大きいダリアは風に弱い。ちょうど山に囲まれて風が遮られ、台風でも倒れにくい適地だったという。

 毎年春に球根を植えて育てる。ダリア園を管理する「両神山麓花とみどりを育てる会」の代表、神林清一さん(77)は「今年は夏に雨が多かったので大きな花になった。昼夜の温度差がある今が花の色も濃く鮮やかだ」と話した。(岡本進)