英与党下院議員の刺殺事件は「テロ」 捜査当局が断定、動機は不明

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英イングランド東部エセックス州で与党保守党の下院議員デビッド・エイメス氏(69)が有権者との会合場所で刺殺された事件について、捜査当局は16日、テロ事件と断定した。殺人容疑で逮捕された英国人の男(25)についての初期捜査で、イスラム過激主義に関連する「潜在的な動機」が明らかになったという。

 捜査はテロ対策部門が主導している。具体的な動機は明らかにされていない。

 事件は今月15日正午ごろ、同州リー・オン・シーの教会で発生した。地元選出のエイメス氏は、有権者との定例の会合で現場にいた。複数箇所を刺されており、救急隊員が救命を試みたが現場で死亡が確認された。

 BBCなど複数の英メディアは当局者の話として、容疑者はソマリア系の英国人とみられる、と伝えた。犯行後、警察官の到着を教会の中でおとなしく待ち、逮捕されたという。(ロンドン=金成隆一)