斎藤佑樹、家族には「今年でやめますと」 引退登板を前に心境

有料会員記事

[PR]

 今季限りで現役を引退する日本ハム斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌ドームで記者会見し、11年間に及んだ現役生活の思い出、引退を決断した経緯、仲間への思いなどを語った。斎藤投手は、同日午後2時から札幌ドームで行われるオリックス戦に登板する予定。

 主なやりとりは以下の通り。

 ――引退表明から2週間あまり。今の心境は。

 「長いようで11年間は短く感じた。今日が最後なんだなあと、信じられない気持ち。この日を準備してくれた方々に感謝しています」

 ――ユニホームを脱ぐ決断をした時期、きっかけ、理由は。

 「去年、右ひじを痛めて、そこから2021年のシーズンでチャンスを頂けて、結果が出なければ、と自分の中では決めていた」

 ――誰かに相談したことは。

 「相談は基本的にはしていないです。自分一人で決めました」

 ――迷いはあったか。

 「迷いがないと言えばうそになるが、最後はしっかりと決断できました」

 ――ご家族にはどう伝えたか。

 「今年でやめます、とシンプルに伝えました」

 ――どういう言葉をかけられたか。

 「よく頑張ったな、というこ…

この記事は有料会員記事です。残り1189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。