被害者の帰宅を待ち伏せか、馬乗りで刺したとの目撃も 女性刺殺事件

[PR]

 兵庫県尼崎市で15日に女性が刺されて死亡した事件で、16日夜に殺人容疑で逮捕された元夫と似た男が、女性の帰宅より前に現場のマンション敷地へ入る姿が防犯カメラ映像に映っていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は待ち伏せをしていた可能性があるとみている。

 捜査1課によると、殺人容疑で逮捕されたのは会社員の森本恭平容疑者(33)=同県西宮市甲子園八番町。逮捕容疑は15日午後8時20分ごろ、尼崎市昭和通4丁目のマンションの屋外駐輪場で、住人の医療系事務員森本彩加さん(28)を刃物で背中などを刺し、殺害したというもの。恭平容疑者は「殺すつもりで刺しました」と容疑を認めているという。

 司法解剖の結果、彩加さんの死因は失血死だった。10カ所以上の刺し傷や切り傷があったという。

 捜査関係者によると、恭平容疑者が馬乗りになって刺していた、との目撃証言もあるという。恭平容疑者宅からは、いずれも血の付いた包丁と黒っぽい服が見つかったことも分かった。

 現場付近の防犯カメラ映像には事件直前の時間帯に、恭平容疑者とみられる男がマンション敷地内に入り、少し後に彩加さんが帰宅する様子が映っていた。県警はこの直後に襲われたとみている。2人はこの1年以内に離婚したという。県警は事件の背景や動機を詳しく調べる。

 現場では事件後、黒っぽい服を着た男がバイクで西へ逃走する姿が確認されていた。県警は恭平容疑者宅前で押収したバイクについて、鑑定を進める。