母子殺害事件、容疑者の車を現場周辺で確認 ドラレコ解析などで判明

[PR]

 大分県宇佐市の民家で母子が殺害された事件で、事件当日に容疑者の黒い乗用車が現場周辺で確認されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、強盗殺人などの容疑で逮捕された会社員佐藤翔一容疑者(36)=大分市緑が丘1丁目=が、現場の民家との行き来に車を使ったとみて調べている。

 発表によると、佐藤容疑者は2020年2月2日夜、宇佐市安心院(あじむ)町荘の民家に侵入し、農業山名高子さん(当時79)と長男の郵便配達員博之さん(同51)の首などを刃物のようなもので刺すなどして殺害、現金約5万円を奪った疑いがある。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、事件当日に現場周辺を走る不審な黒い乗用車の目撃情報が寄せられていた。県警は一帯を通行した車からドライブレコーダーの映像の提出を受けて解析するなどして、佐藤容疑者が当時乗っていた車であることを割り出したという。

 佐藤容疑者は以前宇佐市内に住んでいたことがあったが、県警は佐藤容疑者と被害者の間に面識はなく、金品を盗む目的で民家に侵入したとみて調べている。

 県警は17日、佐藤容疑者を強盗殺人と住居侵入の容疑で大分地検に送検した。