第3回コロナ禍が変えた結婚式のスタイル 式場支配人が気づいた政治の論点

有料会員記事

小林直子
[PR]

 「お嫁取りですか? 婿入りですか?」

 東京・青山の結婚式場「セントグレース大聖堂」の松岡沙英(さえ)支配人(32)は以前、式の打ち合わせでカップルに必ずそう尋ねていた。だが、この質問を当たり前のようにするのはやめたという。「コロナ禍をきっかけに、結婚式のあり方を見直した結果です」

 系列の別の式場の支配人だった昨年春、1回目の緊急事態宣言が出され、約1カ月間の休業を余儀なくされた。ブライダル業界に入って8年。「こんなに長期間、式がないのは初めての経験だった」と振り返る。

 ただ、休業は従来の式の形を見つめ直す機会にもなった。「密」を発生させない動線、案内の仕方などの試行を重ねた。

 そうした模索のなかで手がけた、ある結婚式が印象に残っているという。

 休業に伴い、予定していた式…

この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載コロナの街で(全14回)

この連載の一覧を見る