「ずっとタイトル戦を戦っていたい」 将棋の西山朋佳女流四冠

有料会員記事

村上耕司
[PR]

 将棋の女流最高位として創設された第1期白玲戦七番勝負を制し、女王・女流王座・女流王将に加えて四つ目の称号を手にした西山朋佳女流四冠(26)。16日の白玲戦第4局終局後の記者会見で、「リーグ戦から始まって、負けられない戦いを半年やってきた。今後の大きな自信になると思う」と話した。タイトル保持数では、第一人者の里見香奈女流四冠(29)に並んだ。

 「どうやったら勝てるかしか考えていない」と言い切り、内容より結果を求める根っからの勝負師タイプだ。豪快な攻めと、劣勢を一気にひっくり返す終盤力で「剛腕」「暴れ馬」とも評される。

 大阪府大阪狭山市出身。小学1年の頃、父と姉・静佳さん(29)=現在は囲碁棋士初段=が将棋を指しているのを見て興味を持ち、近所の教室や日本将棋連盟の道場に通って力をつけた。

 中学2年で、性別は関係のな…

この記事は有料会員記事です。残り399文字有料会員になると続きをお読みいただけます。