乗用車がガードパイプ衝突 同乗していた運転手妹が死亡、父は重体

[PR]

 16日午後5時20分ごろ、鹿児島県指宿市小牧の国道226号で、北九州八幡西区浅川1丁目の職業不詳、久冨木茄乃さん(20)が運転する乗用車が国道左側に設置されたガードパイプに衝突した。同乗していた妹の茅乃さん(17)が全身を強く打ち、搬送先の病院でまもなく死亡した。父親の誠さん(49)は重体。