ロケットが飛び立つ町、元は原発の計画地 本州最南端の「魅力発信」

有料会員記事

直井政夫 室矢英樹
写真・図版
ロケット打ち上げのイメージ図=スペースワン提供
[PR]

 本州最南端の和歌山県串本町で近く、国内初の民間小型ロケット発射場が完成する。この土地は関西電力が原発建設を計画し、断念した後に町に寄付したものだ。地元はロケットでの町おこしを図る。原発計画が頓挫した土地は全国各地にあり、跡地利用は様々だ。

 紀伊半島の先端近く。太平洋のリアス式海岸沿いの国道42号を車で行くと、白い建物とロケットの写真の横断幕が見えてくる。ロケット発射場「スペースポート紀伊」の総合指令棟だ。

 キヤノン電子日本政策投資銀行清水建設などが出資する「スペースワン」(東京)が建設する。2021年度中に1号機を発射する計画で、20年代半ばには年間に20機の打ち上げを目指す。ロケットに搭載した衛星で地上の画像を撮り、分析して産業に生かす構想だ。

写真・図版
ロケット発射場の総合指令棟。斜面にロケット写真をあしらった横断幕が掲げられている。ロケットは奥の山間から打ち上げられる=2021年10月5日、和歌山県串本町田原、直井政夫撮影

 串本町は人口約1万5千人。「ロケットの町」をPRし、打ち上げを見に来る観光客の呼び込みを図る。小中学校で宇宙産業を学習する機会を設けている。和歌山県は、観光などの経済効果を10年で670億円と試算する。

東京ドーム6個分 経済効果は「10年で670億円」

 町はスペースワンから発射場建設の申し入れを受け、19年に町有地など約130万平方メートルを同社に無償貸与した。期間は20年間だ。

 町によると、貸与した土地には、関電が町へ寄付した約30万平方メートルが含まれる。東京ドーム6個分ほどの広さにあたる。関電が原発計画のために買収した山林などという。

ロケットが飛び立つ予定の串本町は、1970~80年代、原発計画を巡って町民が二分されました。ロケットは町に夢をもたらすのか。記事の後半では、全国各地の原発計画跡地の現状も報告します。

 関電は福井県に次ぐ地域とし…

この記事は有料会員記事です。残り2005文字有料会員になると続きをお読みいただけます。