東京電力福島第一原発にたまる処理水の海洋放出方針を政府が決めて半年。首相の岸田文雄は17日、就任後初めて東京電力福島第一原発を訪れた。記者団から海洋放出に対する地元の根強い懸念について問われたが、「できるだけ透明性をもって説明していく」などと従来の見解を繰り返した。(文中敬称略)

■自民は公約に文言なく、公明も…

この記事は有料記事です。残り1833文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料記事です。残り1833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料記事です。残り1833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。