障害児入所施設で高校生に暴行容疑、元職員2人を再逮捕 岡山県警

有料会員記事

[PR]

 岡山県津山市の障害児入所施設「津山ひかり学園ひかりの風」で、入所している男子高校生(16)に暴行を加えたとして、県警は18日、元職員の男2人を暴行容疑で逮捕し、発表した。2人はおおむね容疑を認めているという。施設側は同日会見を開き、2人の行為が虐待にあたると謝罪。2人を15日付で懲戒解雇としたと明らかにした。

 逮捕されたのは児童指導員の西本政美容疑者(58)と看護師の国司(くにし)義彦容疑者(46)。西本容疑者の容疑は6月28日夕、食事支援中の男子高校生の口にトイレットペーパーを入れるなどしたというもの。国司容疑者は8月29日朝、同じ男子高校生の顔を殴って椅子ごと転倒させ、尻を蹴った疑いがある。施設側によると、男子高校生には重度の知的障害があるという。

 施設を運営する社会福祉法人「津山社会福祉事業会」の説明では、施設長あてに9月半ば、虐待行為の通報があり発覚。県や児童相談所などに連絡したうえで内部調査を始め、心理的、身体的虐待があったと判断した。

 両容疑者は9月25日にバッ…

この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。