佐賀銀行本店に車突っ込む 行員への暴行容疑で50代男を逮捕

[PR]

 佐賀県警佐賀南署は18日、佐賀市唐人2丁目の佐賀銀行本店で、男性行員を殴ったとして、佐賀県神埼市千代田町嘉納の自称作業員、野口一容疑者(59)を暴行容疑で逮捕した、と発表した。容疑を認めているという。

 同署によれば、野口容疑者は同日午後0時35分ごろ、50歳代の男性行員に対し、頭部を拳で殴った疑いがある。男は銀行関係者から現行犯逮捕され、警察に身柄を引き渡された。

 事件と同時刻ごろ、同銀行に「車が突っ込んできた」「男が騒いでいる」と目撃者から110番通報があったという。軽乗用車が同銀行の出入り口に突っ込んでおり、県警は男が運転した車とみて、事件の経緯などを調べる方針。