ファミマ、「お母さん食堂」から「ファミマル」にブランド変更

[PR]

 ファミリーマートは、「ファミリーマートコレクション」や「お母さん食堂」として展開してきたプライベートブランド(自主開発商品、PB)を、19日から「ファミマル」に一新すると発表した。「ファミリークオリティー」をコンセプトに、家族みんなで楽しめるPBを目指すという。既存のPB商品を切り替え、新たにおにぎりや弁当なども加えて約810種類を全国で順次展開する。

 同社の細見研介社長は18日の発表会で、ファミマの売上高に占めるPBの比率を、現在の約30%から2024年度末までに35%以上にする目標を示した。

 「お母さん食堂」の名称を巡っては、性的役割分担の固定化につながるとして高校生がネットで署名活動を呼びかけ、最終的に約7300筆を会社に提出していた。同社の足立光・マーケティング本部長は「署名活動自体は、刷新の意思決定の要因にはなっていない」として、以前から計画していた点を強調。「我々の顧客は老若男女、全ての性別や世代。皆さんにきちんと受け入れられるような名前、コンセプト、パッケージも含めて十分検討させていただいた結果だ」と説明した。