第14回「744人の叫びを聞け」 東尋坊のパトロール コロナ禍で保護増加

小島弘之
写真・図版
黒い岩がそそり立つ景勝地・東尋坊。奥に見えるのは遊覧船。様々な事情を持った人が訪れる=2021年10月14日午後0時16分、福井県坂井市、小島弘之撮影
[PR]

 8月中旬の午後6時、人けのない福井県景勝地東尋坊。断崖絶壁の岩場に中年男性が腰掛けていた。「何をしているんや」。茂幸雄さん(77)は海側を遮るように座った。「死にに来たんか」。茂さんの問いかけに男性は無言でうなずいたという。

 近くの事務所で話を聞いた。男性は関東在住。空港で働いていたが、コロナ禍で失業した。兄弟に借りた金を返せなくなり、思い詰めたという。話を聞き終えた茂さんは男性の兄弟に連絡を取り、警察に保護を依頼した。

「我慢しても、1~2年で再出発できない人が来る」

 今年保護した自殺企図者は40人を超え、すでに昨年1年間の33人を上回った。大災害後やコロナ禍に共通するのは「最初は我慢していても、1~2年経つと再出発できない人がやって来る」という現実だという。

 警察官を退職後、2004年にNPO法人「心に響く文集・編集局」を設立し、理事長に。週6日、午前11時から日没までメンバーと交代で岩場をパトロールし、これまでに744人を保護した。原因が職場のパワハラなら上司のもとに、家庭の虐待なら親のもとに自ら出向いて直談判し、問題解決に努めてきた。

 コロナ禍の昨年7月から電話やメールでの相談も始めた。「コロナ禍の休校明けに友達とうまく接せず、悪口を言われている」「上司によるパワハラで対人恐怖症になった」「精神科病院に入院して投薬を受けていた息子が自殺した」「家族からうつ病の理解が得られず、毎日つらい」。1日1件ほどのペースで、切実な声が寄せられる。

写真・図版
東尋坊の岩場をパトロールする茂幸雄さん=2021年10月14日午後3時29分、福井県坂井市、小島弘之撮影

 根底には「どこに行けば守ってくれるのか」という叫びがある。行政による支援は基本的に申請主義だし、医者からは薬が出ても根本療法を受けられない。弁護士ら専門家への相談には金がかかる。自殺企図者はそんな社会構造の「被害者」だ、と言う。

 その悩みを素早く、無償で取り除き、再出発を支える仕組みが必要だと思う。だから、衆院選を前に訴えたい。「744人の叫び声に耳を傾けてほしい」。政治家たちが「国民の命と生活を守る」と言うならば、右も左も関係なく、超党派で国民の命を守れ、と。「できるものならもう一度再出発したい。そういう人たちばっかりなんや」(小島弘之)

悩みのある人の相談先

 よりそいホットライン(24時間)0120・279・338(※岩手、宮城、福島の3県は、0120・279・226)

 24時間子供SOSダイヤル(24時間)0120・0・78310

 いのちの電話(毎日午後4時~午後9時、毎月10日は午前8時~翌午前8時)0120・783・556

 #いのちSOS(月曜は24時間、それ以外は午前10時~翌午前0時)0120・061・338

 こころの健康相談統一ダイヤル(対応時間・曜日は都道府県により異なる)0570・064・556

連載コロナの街で(全14回)

この連載の一覧を見る