「未来応援給付」「改革成長分配」「新しい政権」…党首が掲げたのは

2021衆院選

[PR]

 19日に公示される衆議院選挙を前に、各党党首が日本記者クラブでの討論会に参加しました。コロナ、経済、地球温暖化、多様性――注目の集まるテーマについて党首はなにを訴えたのか。

自民・岸田文雄総裁「厳しい現実と向き合う」

 コロナを乗り越え、私たちの国は新しい時代を迎えなければならない。政治は理想を語らなければならないが、自民党は徹底した現実主義に基づく理想を語れる政党であると思っている。経済、外交、安全保障、全ての分野において厳しい現実と向き合いながら、責任ある理想を語っていく。新しい時代を国民とともにしっかり切りひらいていきたい。

立憲・枝野幸男代表「所得を再分配、支え合う日本つくる」

 コロナで傷んだ商売や暮らし、医療などの現場、アベノミクスで固定化した格差、深刻化している貧困。こうした日本社会を立て直すため、社会全体で支え合う。そのための役割を政治が果たす。この間に恩恵を受けたみなさんには応分の負担をお願いして所得を再分配し、支え合う日本をつくる。国民に育てていただいた立憲民主党。私は有権者を信じる。

公明・山口那津男代表「国民の声聞いて、政策実現」

 コロナで食費、光熱費や通信費がかさみ、(子供たちの)不登校や自殺が過去最多を記録している。大人たちがしっかり応援するというメッセージは重要だ。公明党は国会議員・地方議員のネットワークを生かして国民の声を聞いて政策を実現する力がある。消費税軽減税率幼児教育・保育無償化、不妊治療への保険適用を一貫して進めてきた。期待してもらいたい。

共産・志位和夫委員長「野党共闘で新しい政権を」

 今度の総選挙は、自公政権を続けるのか、野党共闘で新しい政権を作るのかを問う政権選択の選挙だ。格差と貧困をひどくし、国政を私物化し、疑惑にまみれ、コロナの失政で多くの犠牲を出した安倍・菅政権を引き継ぐ岸田政権には、日本の政治を任せられない。異常なアメリカ言いなりと財界中心をただして、本当に国民が国の主人公と言える日本をめざす。

維新・松井一郎代表「分配のため成長、成長のため改革」

 日本はこの30年、成長していない。原因は、日本の社会構造が変化するなかで、日本の行政制度、規制は昭和の時代のままだからだ。分配するためには成長が必要だ。そして、その成長を実現するためには改革をしなければならない。改革で成長させ、財源を生み出し、市民に還元してサービスを上げる。その旗振り役を一度、永田町で担わせてもらいたい。

国民・玉木雄一郎代表「50兆円規模の緊急経済対策

 日本は25年間、実質賃金が上がっていない。経済政策積極財政に転換することによって、賃金デフレを脱却する。傷ついた経済を回復するために、50兆円規模の緊急経済対策を打つ。そして今後10年間でデジタル化、環境、人づくりに投資を行う。人づくりこそ国づくり。この理念に基づいて教育、科学技術の予算を倍増させる。若者政策に力を入れる。

れいわ山本太郎代表「消費税廃止を含む積極財政

 消費税廃止を含む積極財政をやる。この国は25年の不景気、そこにコロナがやってきたということを政治が理解しなければならない。消費税社会保障の一部にしか使われていない。法人減税のため、消費税で穴埋めしていたとも言える。徹底した公助を緊急的に国債発行して大胆にやっていく。徹底的にとがった経済政策を国会で広げていくために私たちがいる。

社民福島瑞穂党首「税金の取り方と使い道変える」

 命、くらし、人権を守る。生存のための政権交代を訴える。新自由主義から社会民主主義的政策への転換をしなければならない。税金の取り方と使い道を変える。この3年間、消費税をゼロにし、大企業の内部留保に課税する。ジェンダー平等を実現し、LGBTを含めた多様性のある社会を作る。気候危機を乗り越えるため、脱炭素、脱原発社会を実現する。

N党・立花孝志党首「NHKのスクランブル放送を」

 NHKの受信料は公共料金だ。水道や電気、ガス、電話のような公共サービスは料金を払わなければサービスが停止する。今のNHKはデジタル化されているので、NHKだけ映らないテレビが簡単にできる。ほかの党はこれを一切やらないが、我々はNHKのスクランブル放送をめざして頑張っていく。クリーンな政党であるということをアピールしていきたい。

    ◇

 写真のボードは各党党首が書き、討論会冒頭に掲げた

写真・図版
党首討論に臨む(左から)社民党の福島瑞穂党首、国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の岸田文雄総裁、公明党の山口那津男代表、日本維新の会の松井一郎代表、れいわ新選組の山本太郎代表、NHK党の立花孝志党首=2021年10月18日午後0時58分、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する自民党の岸田文雄総裁=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する立憲民主党の枝野幸男代表=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する公明党の山口那津男代表=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する共産党の志位和夫委員長=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する日本維新の会の松井一郎代表=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する国民民主党の玉木雄一郎代表=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言するれいわ新選組の山本太郎代表=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言する社民党の福島瑞穂党首=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影
写真・図版
党首討論でパネルを手に発言するNHK党の立花孝志党首=2021年10月18日、東京都千代田区、西畑志朗撮影

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]