「支援者に配布」指示だれが…カレンダー問題で局長会のメール入手

有料会員記事

藤田知也
[PR]

 「カレンダーは支援者へ配るように」。そんな指示を飛ばしたのは誰だったのか――。

 多くの郵便局長が昨年、会社経費で買ったカレンダーを政治活動の支援者らに配った疑いがある問題で、朝日新聞は1通のメールを入手した。

 現場の郵便局長がカレンダーについて「支援者に配るよう(地域の)局長会役員から指示された」と証言したことに対し、全国郵便局長会は朝日新聞への11日付回答書で「カレンダーは日本郵便の営業施策として実施している。効率的な配布を指示している」とし、後援会会員らに配るよう指示した事実はないと否定している。

 ただ、朝日新聞が入手したメールには組織的な関与をうかがわせる内容が含まれていた。

 メールの送信日は昨年12月…

この記事は有料会員記事です。残り671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。