ソニーに中国当局が罰金 盧溝橋事件の日に新製品発表会は「違法」

北京=西山明宏
[PR]

 中国当局は18日までに、ソニーグループの中国法人に対し、広告法違反で100万元(約1780万円)の罰金を科したと発表した。ソニーが盧溝橋事件が起きた日の7月7日に新製品の発表会を予定していると発表したことが、国家の尊厳や利益を損なった、とした。

 北京市朝陽区の市場監督管理局が12日、インターネット上で処分を発表した。発表によると、6月30日にソニーがインターネット上で予告した新製品の発表会の日付が7月7日午後10時になっており、ネット上では日中戦争の発端となった盧溝橋事件と同じ日時だと批判が殺到。ソニーは同月1日に広告を削除し、謝罪に追い込まれていた。(北京=西山明宏)