「数え切れないほど首相代わったが…」拉致被害者家族、岸田氏と面会

編集委員・北野隆一
[PR]

 岸田文雄首相は18日、首相官邸で、北朝鮮による拉致被害者家族らと首相就任後に初めて面会した。「私の内閣でも拉致問題は最重要課題。私自身が先頭に立って取り組んでいかなければならない」と語った。

 家族会の飯塚繁雄代表(83)が「数え切れないほど首相が代わったが、まったく動きがみられなかった。家族会は年を取り、横田滋さんのように亡くなった方もいる。いつまでに何をするのか、わかるようにしてほしい」と求めた。

 横田めぐみさんの母早紀江さん(85)は「岸田首相と金正恩氏で一対一の人間と人間の対話をして、思うことや日本の強い姿勢を伝えてほしい」と述べ、日朝首脳会談の実現を求めた。首相は「条件をつけず金正恩委員長と直接向き合い、拉致被害者の帰国を実現しなくてはならない」と語った。(編集委員・北野隆一