中国外務省の報道官、首相の靖国奉納を批判

北京=高田正幸
[PR]

 岸田文雄首相が17日、靖国神社に供え物の「真榊(まさかき)」を奉納したことに対し、中国外務省の趙立堅副報道局長は18日の定例会見で「侵略の歴史に向き合う日本の消極的な態度を再び反映したものだ」と批判し、外交ルートを通じて日本側に厳正な申し入れを行ったと明らかにした。

 趙氏は靖国神社について、「日本の軍国主義によって始まった対外侵略戦争の精神的象徴」だと主張。「日本は歴史問題をめぐる言動に注意を払い、実際の行動によってアジアの近隣国や国際社会の信頼を得るべきだ」と述べた。(北京=高田正幸)