【1日目詳報】名人、「俗筋」の手から優勢に 挑戦者は想定内?

有料会員記事

村上耕司 大出公二 尾崎希海
囲碁名人戦、AIは大差、封じ手は? 鶴山淳志八段&孫喆七段がダブル解説【第46期囲碁名人戦第5局】
[PR]

 井山裕太名人(32)=棋聖・本因坊・碁聖と合わせ四冠=に一力遼天元(24)が挑んでいる第46期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)。前局で快勝し、3勝2敗とした一力挑戦者が勢いにのってタイトル初獲得を決めるか、井山名人が意地を見せるか。静岡県熱海市の旅館「あたみ石亭」を舞台にした第6局1日目の様子を、タイムラインでお伝えします。

写真・図版
封じ手を立会人の石田秀芳・二十四世本因坊(右)に渡す井山裕太名人=2021年10月19日、静岡県熱海市、迫和義撮影

17:55

封じ手予想

 ユーチューブの「囲碁将棋TV―朝日新聞社―」で鶴山八段と孫七段が約40分にわたって初手から解説した。

 1日目が終わった局面を見て…

この記事は有料会員記事です。残り3781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。