第5回オイシックス社長「コロナ政策の検証を」 政治家に足りぬ正しい失敗

有料会員記事

聞き手・伊藤弘毅
[PR]

オイシックス・ラ・大地 高島宏平社長

写真・図版
 たかしま・こうへい 1973年、神奈川県生まれ。東大院修了後、外資系コンサルティング会社のマッキンゼーを経て00年にオイシックスを創業。18年から、同業他社と経営統合してできたオイシックス・ラ・大地の社長。経済同友会副代表幹事。日本車いすラグビー連盟理事長。

 有機野菜や無添加食品など安全に配慮した食べ物をネット通販で届ける「オイシックス・ラ・大地」という会社を経営しています。若い世代が中心の「オイシックス」、高齢層中心の「大地を守る会」などの利用者はあわせて44万人ほど。2020年度の売上高は前年比で40%以上増え、1千億円を初めて超えました。

 コロナ下で「巣ごもり需要」や「応援消費」が盛り上がりました。

 政府の緊急事態宣言などで休業せざるを得なかった外食業界を支援するため、「串カツ田中」や「塚田農場」といった店の食材セットを売り出したところ、お客様からは「店の味を自宅でも楽しみたいと思っていた」という感想を頂き、販売の拡大を決めました。

 給食が止まって行き場を失っ…

この記事は有料会員記事です。残り1012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。