眞子さまが宮中三殿で拝礼 儀式ではなく私的参拝

杉浦達朗

 秋篠宮家の長女眞子さまは19日、結婚の報告のために皇居・宮中三殿を参拝した。通例、女性皇族の結婚時の参拝は儀式として行われるが、眞子さまは結婚関連の行事や儀式を全て行わないため、天皇陛下の了承を得て私的に参拝した。

 通例の儀式「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」の場合、女性皇族は装束姿で臨み殿上で拝礼するが、この日の眞子さまは淡い緑色のロングドレス姿。庭上で拝礼し、皇室の祖先や神々に結婚を報告したという。

 眞子さまは22日に天皇、皇后両陛下、25日に上皇ご夫妻にあいさつする。26日に小室圭さんとの婚姻届を提出し、皇室を離れる。(杉浦達朗)