松坂大輔、涙の引退会見 「受け止めてはね返す力がなかった」

構成 遠田寛生
[PR]

 プロ野球・西武の松坂大輔投手(41)が19日、記者会見し、今季限りでの引退を正式に表明した。引退を決断した要因などを語りつつ、家族やファンらに対して感謝の言葉を述べた。主なやりとりは以下の通り。

 ――プロ生活23年間を過ごし、今の気持ちは

 「選手は誰しもが長くプレーしたいと思い、こういう日がなるべく来ないことを願っていると思う。今日という日が来て欲しかったような、来て欲しくなかったような。この後に投げることができて、すっきりしたいと思っています」

 ――今日という日が来て欲しかったような、来て欲しくなかったようなとは

 「今の体の状態もあって、やはり続けるのが難しい。7月7日に引退発表があって。当初球団とはすぐに会見の準備をしてもらう予定でした。発表したものの、僕自身なかなか受け入れられなかった。気持ちが揺れ動いていた。球団にちょっと待って下さいと言った」

 「発表してから3カ月間、やれそうだなって思った日は一度もなかったですね。なのでできるだけ早く、終わらせられたらいいんだろうなって思いながら過ごしていました」

 ――決断の要因は

 「昨年の春先に右手のしびれが強く出るようになって、その中でも何とか投げることはできていた。コロナ禍で緊急事態宣言になり、トレーニングも治療もままならないなかで症状が悪化した。できれば手術は受けたくなかった。でも、ほぼ毎日のように首の痛みや右手のしびれで寝られない。精神的に参ってしまって、手術を決断した」

 「これまで時間をかけてリハビリしてきましたけど、なかなか症状が改善しなかった。今年のキャンプ、もうそろそろ打撃投手やって次はファーム(2軍)の試合で投げられそうという話をした矢先。投球練習の中で前触れもなく、右打者の頭のほうにボールが抜けた」

 「それもちょっとではなく、とんでもない抜け方。投手って『抜けそうだな』って思ったら指先でひっかけたりするんですけど、それができないぐらいの感覚のなさ。たった1球で僕自身、ボールを投げるのが怖くなってしまった。そんな経験は一度もなかった。自分の中でショックが大きくて、松井稼頭央2軍監督に相談して時間をちょっと下さいとお願いをした」

 「時間はもらいましたけど、右手のしびれやまひも改善しなかった。もう投げるのは無理だなって。それでやめないといけないと自分に言い聞かせた」

 ――決断への思いが高まったのはいつごろか

 「球団に報告する1週間前とかだったと思いますね。球団にお願いして休ませてもらったのが5月の頭。2カ月間考えて悩んで、治療を受けに行ったけどほぼ投げられなかった。時間がないなって」

 ――相談した人は

 「もう難しいかもしれないと家族には話はした」

 ――家族の反応は

 「ああもう……(涙)。だから会見したくなかったんですよね……。辞めると決断した時に妻に電話をした。その時にちょうど息子がいて、本当に長い間、お疲れ様でしたと言ってもらえましたし。僕の方からもたくさん苦労をかけたけど、長い間サポートをしてくれてありがとうとは伝えさせてもらいました」

 「一言で感謝と言ってしまえば簡単なんですけど、そんなものではなかった。いい思いもさせてあげられたかもしれないですけど、家族は家族なりに我慢というかストレスもあったと思いますし。本当に長い間、我慢してもらったと思う」

 ――一番感謝を伝えたい人は

 「妻や子どもたち、両親もそうですし、これまで僕の野球人生に関わっていただいた、アンチのファンも含めて感謝しています」

 ――今後、考えていることは

 「家族との過ごす時間を増やしながら、違う角度で野球を見ていきたい。野球以外にも興味があることがたくさんあるので、そういうことにもチャレンジしていきたい。野球界、スポーツ界に何か恩返しできる形をつくっていけたらと思っています」

 ――18歳でプロ入り。輝かしい半面、苦しかった?

 「23年、長くプレーさせてもらいましたけど、半分以上は故障との闘いだった。僕みたいな選手はなかなかいないかもしれないですね。一番いい思いと、自分で言うのもなんですけど、どん底を同じぐらい経験した選手」

 ――自身が見た松坂大輔という投手とは

 「長くやった割には思ったほどの成績を残せなかった。通算勝利数も170個積み重ねてきましたけど、ほぼ最初の10年で勝ってきた数字っていうんですかね。2010年ぐらいまでだったと思う。自分の肩の状態とかよくはなかったですけど、そこからさらに上乗せできるとは思っていました」

 ――褒めてあげたい部分は

 「選手生活の後半はたたかれることの方が多かったですけど、それでも諦めずに。諦めの悪さを褒めてあげたい。もっと早く辞めてもいいタイミングはあったと思いますし。なかなか思ったようなパフォーマンスが出せない。自分自身、苦しかったですし、その分たくさんの方にも迷惑をかけてきましたけど。よく諦めずにここまでやってきたなと思います」

 「たたかれたり批判されたりすることに対して、それを力に変えてはね返してやろうと思ってやってきましたけど、もうやっぱり最後はそれに耐えられなかった。最後は心が折れたというか、エネルギーに変えられたものが、受け止めてはね返す力がなかった」(構成 遠田寛生)