第1回負債35兆円に震え上がった世界 中国不動産王の半生を追う

有料会員記事

井上亮
[PR]

恒大集団トップの実像 窮地の中国不動産王①

 「中国版リーマン・ショックか」

 「世界的不況の懸念も」

 9月中旬、中国不動産大手・中国恒大集団の経営危機を伝えるニュースが、衝撃的な見出しとともに世界を駆け巡った。

 負債総額約35兆円。巨額の負債を抱えた恒大が経営破綻(はたん)すれば、2008年に世界を大混乱に陥れたほどの金融不安に発展するのでは――。こうした懸念が高まり、世界は身構えた。

 私は、すぐに支局がある上海から南部の広東省に飛んだ。同省深圳市の中心部にある恒大の本社ビル前に着くと、警察官が盾を構えて警備する厳戒態勢が敷かれていた。

 その前週には、恒大のマンションや金融商品を買った人たちが本社ロビーに押しかけ、抗議の声を上げていた。

中国の国内総生産(GDP)の2%にあたる約2兆元(約35兆円)もの負債を抱えることになった中国恒大集団と、創業者である許家印氏の実像を伝える連載です。初回では、許氏が生まれ育った農村を記者が訪れて、中国一の不動産会社を築き上げるまでにいたった許氏のルーツに迫ります。

 恒大の2020年の売上高は5072億元(約9兆円)。日本の不動産大手5社の売上高の合計をはるかに上回る。これほどの繁栄を極めた巨大企業が、なぜ危機に陥ったのか。私には、わからないことだらけだった。

 カギを握るのは、創業者の許家印(63)だ。恒大を一代で築き上げ、かつて中国一の富豪にもなった。だが、IT大手アリババの創業者、ジャック・マー(馬雲)らと比べると世界的な知名度は低い。

 彼の半生をたどれば、中国の不動産業界が発展した理由や、恒大が直面する危機の本質をより深く理解できるのではないか。そう考え、私は9月下旬、彼が生まれ育った河南省の農村を目指すことにした。

田舎道とトウモロコシ畑を抜けると

 省都・鄭州市の空港から車に乗った。高速道路を降りてからは、対向車がようやくすれ違えるほどの田舎道が続いた。舗装状態は悪く、数日降り続いた雨で所々に泥水がたまっていた。

 両脇には見渡す限りのトウモロコシ畑。地元出身の運転手は「ここは普段は雨量が少なく、気候が水稲栽培には適さないんだ」と説明した。

 約2時間半後、聚台崗村に着いた。中国メディアの記事を調べ、ここに許の実家があることまではわかっていた。

 ところが村に入る道路に柵が置かれ、車の進入を妨げていた。

村に入ろうとする記者に立ちはだかる車。果たして、許家印の故郷に入ることができるのでしょうか。記事後半では、許の実家の様子や本人を知る人たちによる人物評などを伝えています。

 私服姿の2人の中年男性が車…

この記事は有料会員記事です。残り2477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載恒大集団トップの実像 窮地の中国不動産王(全3回)

この連載の一覧を見る