三つどもえの東京12区 大物が引退、後継の前職、元職、新顔が争う

2021衆院選

柏木友紀
[PR]

衆院選 注目の選挙区

 東京12区では、公明前職の岡本三成氏(56)と維新新顔の阿部司氏(39)、共産元職の池内沙織氏(39)が立候補した。

 岡本氏は引退を表明した太田昭宏・前公明党代表の後継。出陣式では「地域経済の力を引き出し、日本と北区を前進させる」。陣営関係者は「太田さんの後継とはいえ12区では無名に近い。どこまで浸透が図れるか」と語った。

 維新の阿部氏は王子駅前で参院議員の音喜多駿・東京維新の会幹事長と第一声を上げた。「経済が停滞し、格差も広がる日本を変えるには、既存政治からしがらみや規制を取っ払う改革が必要」と強調した。

 共産の池内氏は北区の商店街や豊島区池袋駅東口などで街頭演説に立った。12区での立候補は5度目。「野党共闘で政権交代を果たし、あらゆる差別や格差をなくして命を守る政治を実現させる」と訴えた。(柏木友紀)

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]