北朝鮮メディア、弾道ミサイルの潜水艦発射が「成功」と報道 

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮の国防科学院が19日に、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射を行ったと、朝鮮中央通信が20日に報じた。19日に咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)沖で発射が確認されたSLBMと推定される弾道ミサイルとみられる。潜水艦から発射し、「再び成功させた」としており、米韓は分析を進めている。

 韓国軍の合同参謀本部などによると、北朝鮮は19日に新浦沖の日本海上から、東側に向けてSLBMとみられる弾道ミサイル発射。飛行距離は590キロ、高度は60キロだったという。同通信は「5年前に初めて潜水艦発射戦略弾道弾を成功的に発射し、軍事的強さを示した『8・24英雄艦』から(の発射を)、再び成功させた」と報道した。

 北朝鮮は2016年8月24日に、今回の発射地点に近い新浦沖の日本海上からSLBMを発射し、成功したと主張。米韓は、今回の発射が当時も含め、同じ潜水艦を使って発射したのかどうか分析を進めている。

 同通信によると、国防科学院は今回の試射の成功で、「多くの進化した制御・誘導技術が導入され、国防技術の高度化と海軍の水中作戦能力の向上に大きく寄与する」と評価。「滑空躍動軌道をした」とも言及しており、最終段階で急上昇する「プルアップ」と呼ばれる動きを確認したとみられる。(ソウル=鈴木拓也)