盗品の輸出ルートか ベトナムに無許可運送の疑い、経営者ら4人逮捕

山崎琢也
[PR]

 【静岡】無許可で荷物を運送し、ベトナムに輸出したとして、県警は19日、東京都豊島区巣鴨3丁目の会社役員、ズオン・バン・クエン容疑者(32)ら4人を貨物利用運送事業法違反の疑いで逮捕し、発表した。認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのはズオン容疑者と、同都豊島区北大塚2丁目の会社役員、グエン・ティアン・クアン容疑者(31)、同都文京区千石4丁目の会社役員、ヴ・ホア容疑者(38)、豊島区上池袋1丁目の会社役員、ファム・ティ・トゥイ・タオ容疑者(29)の4人。

 国際捜査課によると、ズオン容疑者とヴ容疑者は、今年5月から7月下旬にかけて、それぞれが経営する会社で数人の客から食品や衣料品などを受け付け、ベトナムに輸出した疑いがある。グエン容疑者とファム容疑者は両容疑者が送った荷物の通関手続きを手助けした疑いがあるという。

 ズオン容疑者とヴ容疑者は先月、盗品を保管していた疑いで逮捕されており、県警は盗品が両社を通じて輸出されていたとみている。(山崎琢也)