「病死した」弟の遺体、こたつに足入ったまま 遺棄容疑で70歳逮捕

[PR]

 自宅で死亡した弟の遺体をそのまま放置したとして、茨城県警高萩署は18日、北茨城市中郷町汐見ケ丘8丁目、無職坂下信雄容疑者(70)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。署によると、亡くなったのは60代後半の弟。坂下容疑者は「悪いことだと思ったが放置した」と容疑を認めているという。

 署によると、坂下容疑者は2020年12月ごろ、同居する自宅で死亡した弟を今月18日までの間、埋葬せずに放置した疑いがある。坂下容疑者は弟と2人暮らしだった。坂下容疑者は「昨年12月ごろに病死したが、埋葬していない」と説明している。遺体は和室のこたつの中に足が入った状態で見つかったという。同署は遺体を司法解剖して死因を調べる。

 近くに住む男性(83)によると、坂下容疑者は約10年前に両親が亡くなった後、弟と2人で暮らしていた。弟は数年前から病気を患っていて歩くのも難しい状況だったという。