• アピタル

あの副反応も減らせるかも? 体内で自己増殖する新型コロナワクチン

有料会員記事

瀬川茂子
[PR]

 体内で成分が増える「自己増殖型(レプリコン)」と呼ばれる新しいタイプのワクチン開発が進んでいる。新型コロナウイルスワクチンとして、国内で複数の臨床試験(治験)も始まった。多くの人が苦しんだ副反応が減らせるかもしれないとも言う。一体どんな仕組みなのか。

 「より安全で効果の高いワクチンを開発していきたい」

 18日、バイオ企業のVLPセラピューティクス社は、自己増殖型の新型コロナウイルスワクチンの治験を大分大学で始めたと発表した。同社は、米国で2013年に設立されたバイオ企業で、昨年、日本支社を作った。開発は、北海道大、医薬基盤・健康・栄養研究所などと共同で行ってきたという。

 自己増殖型は、新型コロナワクチンとして普及したmRNAワクチンに新たな工夫を加えた「次世代型」だ。mRNAは、たんぱく質の設計図。mRNAワクチンは、ヒトの体の中でmRNAから新型コロナウイルスのたんぱく質を作らせる。このたんぱく質を抗原として免疫反応を起こさせ、本物のウイルスが体に入った時に素早く攻撃できるようにする。

 従来のmRNAワクチンは…

この記事は有料会員記事です。残り1366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。