日米韓高官が北朝鮮問題めぐり協議 ミサイル発射を非難、対話も模索

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 日米韓3カ国の高官協議が19日午前(日本時間同日夜)、ワシントンで開催された。米国務省によると、米側は、19日の北朝鮮の弾道ミサイル発射国連安全保障理事会決議違反に当たるとして非難した。3カ国の高官は北朝鮮情勢について意見交換し、協力して緊張緩和に取り組み、朝鮮半島の非核化に向けて進展を図ることで一致した。

 外務省の船越健裕アジア大洋州局長、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外交省の魯圭悳(ノギュドク)・朝鮮半島平和交渉本部長が会談した。外務省筋によると、会談は約90分間にわたり、各国が19日の北朝鮮の弾道ミサイル発射について、それぞれの分析を説明。船越氏も「安保理決議違反であり、強く非難する」と述べた。

 米国は、北朝鮮の段階的非核化を目指す「現実的なアプローチ」を採用し、北朝鮮側に対し、前提条件なしにいつでもどこでも協議再開に応じる意向を伝えている。外務省筋によると、船越氏が「岸田首相も条件をつけずに(金正恩〈キムジョンウン〉朝鮮労働党総書記と)向き合う用意がある」と伝えると、米韓両国は歓迎。船越氏は日本人拉致問題解決への協力も要請した。

 日米韓3カ国による協議はバ…

この記事は有料会員記事です。残り176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。