最西端・与那国島&最北・礼文島 「最果てコラボ」で泡盛誕生 

有料会員記事

藤原慎一
[PR]

 日本最西端の島・沖縄県与那国町にある酒造所が、日本最北の離島・北海道礼文(れぶん)町のわき水をつかって、新しい泡盛を造った。両島の協定をきっかけに生まれ、販路もじわりと広がる。「両島の友好のシンボルに」と、関係者の期待は高い。

 新たな泡盛を造ったのは、人口約1700人の与那国町の崎元酒造所。アルコール度数が60度に達する与那国独特の「花酒」を、人口約2400人の礼文町から送ってもらった軟水のわき水で割って30度と43度の泡盛に仕上げた。

 きっかけは、約2830キロ…

この記事は有料会員記事です。残り550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。