「登山者が数名いるとのこと、確認中」松野官房長官 阿蘇山噴火

【動画】噴火する阿蘇山、阿蘇・草千里ケ浜から撮影=2021年10月20日午前11時43分ごろ、読者提供
[PR]

 熊本県阿蘇山・中岳第1火口で20日午前、噴火が発生したことについて、松野博一官房長官は同日午後、首相官邸で記者団の取材に応じ、「現時点で人的被害に関しては報告を受けていない」としたうえで、「登山されている方が数名いらっしゃるとのことであり、いま確認を進めているところだ」と述べた。

 噴火は20日午前11時43分ごろに発生し、政府は44分に首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。松野氏は「自治体と緊密に連携をとりながら、自衛隊、警察、消防を機動的に対応させている」と説明。衆院選の演説で首相官邸を離れている岸田文雄首相に報告し、首相から「人命を第一に対応を進めるよう指示を頂いた」と述べた。

 総務省消防庁によると、登山中の1パーティーの4人が自力下山中であることを確認しており、けがはないという。

 一方、首相は衆院選の演説で20日午前に兵庫県を訪問。午後は広島県に入る予定で、日程は変更しないとしている。記者団から首相が日程を変更しない理由を問われ、松野氏は噴火警戒レベルが3(入山規制)であることを挙げ、「レベル3の段階においては、官邸で私の方で対応をすることで問題はない」と説明。噴火の発生時、松野氏は首相官邸を離れていたが、「議員会館で事務をしていた」と述べた。