• アピタル

ブースター接種は違うワクチンのほうが有効? 注目される研究報告

有料会員記事新型コロナウイルス

合田禄=ワシントン、市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンを追加接種する「ブースター」について、最初と違う種類を打つ「交差接種」に米国で注目が集まっている。米食品医薬品局(FDA)は近く、製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンを接種した人を対象に別のワクチンの追加接種を認める可能性が高まっている。

 米国内で交差接種への関心が高まるきっかけになったのは、米国立保健研究所(NIH)の研究者らが15日に公開した、査読を受ける前の論文(https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.10.10.21264827v2.full-text別ウインドウで開きます)。ファイザーとモデルナ、J&Jの接種が完了した約450人を約50人ずつの9グループに分けたうえで、3種類のワクチンをブースター接種した。ファイザー、モデルナが2回接種なのに対し、J&Jは1回接種で完了となる。

 1回目にJ&Jを接種した人では、追加接種から15日後の感染を防ぐ抗体の量が、もう一度J&Jを打つと4・2倍だったのに比べ、ファイザーなら35・1倍、モデルナなら75・9倍になったという。

 最初にファイザーを打った人では、もう一度ファイザーだと20倍、モデルナだと31・7倍、J&Jだと12・5倍だった。最初にモデルナを打った人は、もう一度モデルナだと10・2倍、ファイザーだと11・5倍、J&Jだと6・2倍だった。

 米国ではファイザーの接種を…

この記事は有料会員記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]