「出たら恩返しする!」 少年院と4歳長男の運動会で感じた行事の力

有料会員記事

[PR]

■こばゆりの今日も走快!

 運動会の季節です。

 私は、2015年に現役を引退してから、ご縁があって地域にある少年院で月に2度、数学を教えています。

 その少年院にも運動会があります。「ふれあいDay(デー)」と呼ばれ、普段は面会でしか会うことのできない家族が多く訪れます。

 何をするかは自分たちで決めます。

 お母さんをおぶってのリレー、親子で風船を挟んで背中合わせになっての競走など、盛り上がるよう工夫を凝らします。

 コロナ禍のため、ここ2年は運動会に行けなかったのですが、以前は私も、親がいなかったり、来られなかったりした子どもとペアになり、張り切って参加していました。

 たとえ家族同士でも、最初はどこかよそよそしい。それが手を取り合って楽しむうちに、打ち解けていきます。

こばゆりの今日も走快!

 陸上の中長距離選手として活躍し、五輪の舞台にも立った小林祐梨子さん(32)のコラムを随時、お届けします。元アスリートとして、女性として、母として、現役時代の走り同様、歯切れよく語ります。

 最後は、的当てなどのゲームをやります。当てたカードの裏に記された「将来の夢」や「謝りたいこと」などのお題に合わせて、自分の思いを発表するのです。

 「おやじー! 迷惑かけてごめん!」

 「ここを出たら、しっかり働いて恩返しするから!」

 「お母さん、大好きです!」

 教室で過ごしているだけでは、知ることのない子どもたちの思いに触れ、いつも涙が止まらなくなってしまいます。

 少年院にいる子どもにとっても、素直な思いを声に出して誰かに伝えるなんて、普段はなかなか出来ないことでしょう。

 運動会の力だと思います。

 もっと幼い子にも運動会はやはり特別な行事のようです。

 先日、保育園に通う4歳の長男にとって、初めての運動会がありました。

 長男は「かけっこで1番にな…

この記事は有料会員記事です。残り744文字有料会員になると続きをお読みいただけます。