第8回岸田政権誕生は疑似政権交代なのか 教授が読み解く朝日東大共同調査

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 衆院選の候補者たちは、日本が直面する課題にどう向き合おうとしているのか。朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室が共同で実施した調査からは、コロナ対策や安全保障、財政政策でも各党の違いが浮き彫りになった。

〈寄稿〉谷口将紀・東大教授(現代日本政治論)

 宮沢喜一元首相以来30年ぶりの宏池会(現在の岸田派)政権である岸田文雄首相の誕生は、自民党のお家芸とも言える「疑似政権交代」なのだろうか。

 宏池会の伝統はリベラルな政…

この記事は有料会員記事です。残り1544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(全20回)

この連載の一覧を見る