軽井沢スキーバス事故、運行会社長らが起訴内容を否認 初公判

高億翔
[PR]

 長野県軽井沢町で2016年、走行中のスキーバスが転落し、大学生ら15人が死亡、26人が負傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われたバス運行会社社長と元運行管理者の初公判が21日午前、長野地裁(大野洋裁判長)で始まった。起訴内容について両被告は「事故を起こすような運転を運転手がするとは思わなかった」などと述べ、無罪を主張した。

 起訴されたのは、運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)の社長、高橋美作被告(60)と、運行管理者だった元社員の荒井強被告(53)。

 事故は16年1月15日午前1時50分ごろ、軽井沢町内の国道18号で発生。バスは下り坂で時速96キロまで加速し、カーブを曲がりきれず崖下に転落した。

 起訴状などによると、荒井被告は、運転手(当時65)から雇用前に「大型バスの運転に不安がある」と聞きながら技量を把握せず、安全管理の義務を怠ったとされる。高橋被告は、運転手に関する必要な指導監督を怠ったとされる。

 この結果、技量不足だった運転手が大型バス特有のギアやブレーキの操作を的確にできず、バスが制御不能になったとして、長野地検が今年1月、2人を在宅起訴した。

 運転手は事故で死亡し、地検は被疑者死亡で不起訴処分とした。公判では、両被告が、事故を予見しながら防止のための注意義務を怠ったといえるかどうかが争点になるとみられる。(高億翔)