岸田首相が初の地元入り 「政治とカネ」激震地で1.5億円語らず

有料会員記事2021衆院選自民岸田政権

大久保貴裕、福冨旅史
[PR]

 岸田文雄首相が20日、首相就任後初めて地元の広島に戻り、買収事件で一審有罪となり控訴した河井克行元法相の地盤・衆院広島3区で街頭演説に立った。衆院選は「政治とカネ」も争点の一つ。野党側は自民党本部が河井夫妻側に提供した1億5千万円の説明責任を問う構えだが、首相は演説で触れなかった。

 首相は広島市安佐南区で、広島3区に初挑戦した公明前職の演説会に参加。買収事件について「自民党の国会議員が政治とカネで大変な事件を起こし、辞職した。党として心からおわびを申し上げなくてはならない」と述べた。14分間の演説のうち「政治とカネ」に割いたのは1分半で、その大半は当選無効となった国会議員に歳費を返還させる法改正についてだった。「自民党改革をしっかりと進める」とも述べたが、1億5千万円を提供した経緯などの説明や再調査については触れなかった。1月に発効した核兵器禁止条約にどう向き合っていくかについても言及しなかった。

 演説を聞いていた安佐南区の…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]