飲食店への制限を解除へ 神奈川県知事「再拡大の兆候は見られない」

新型コロナウイルス

[PR]

 神奈川県は20日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、25日から飲食店に対する営業時間短縮要請や酒類提供、利用人数の制限を解除することを決めた。県内全ての店が対象で、県の認証店でなくても、時短や酒類提供の制限は設けないという。

 黒岩祐治知事は会議で「段階的な緩和措置により人流は増加しているが、感染再拡大の兆候は見られない」との認識を示した。制限はなくすが、11月末までは飲食時には1組4人以内か同居家族で2時間を目安とするよう、呼びかけは続けていく。

 1都3県では緊急事態宣言が解除された今月1日から24日までを「リバウンド防止措置期間」としていた。神奈川県では1日以降、認証店を「マスク飲食実施店」として、営業時間は午後9時まで、酒類提供は午後8時までとするよう求めていた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]